常微分方程式と常微分方程式システム計算機

解く方法を適用します:分離可能、同次、線形、一次、ベルヌーイ、リカッチ、積分因子、微分グループ化、次数の減少、不均一、定数係数、オイラーおよびシステム—微分方程式。 初期条件の有無にかかわらず(コーシー問題)
式を入力して押すまたはボタン
オプション
設定
に関連して計算する
()
f ()
システム
システム
=
=
=
=
=
=
=
=
初期条件の最大導関数 = 4
(電卓の制限)
=
=
=
=
=
=
=
random
クリア + × ÷ ^ ( ) '
コンテンツを読み込んでいます
LaTeXの結果:
コピー
式としての結果:
コピー
戻る

派生順序はストロークで示されますy''' または1ストローク後の数字y'5

入力は、次のような関数のさまざまな同義語を認識します asin, arsin, arcsin

乗算記号と括弧が追加で配置されます—書き込み2sinx 類似2*sin(x)

数学関数と定数のリスト:

d(x)ディファレンシャル

ln(x)自然対数

sin(x)正弦

cos(x)余弦

tan(x)正接

cot(x)コタンジェント

arcsin(x)逆正弦

arccos(x)逆余弦

arctan(x)逆正接

arccot(x)アークコタンジェント

sinh(x)双曲線正弦

cosh(x)双曲線余弦

tanh(x)双曲線正接

coth(x)双曲余接関数

sech(x)双曲線正割

csch(x)双曲線コセカント

arsinh(x)逆双曲線正弦

arcosh(x)逆双曲線余弦

artanh(x)逆双曲線正接

arcoth(x)逆双曲線コタンジェント

sec(x)正割

csc(x)余割

arcsec(x)arcsecant

arccsc(x)arccosecant

arsech(x)逆双曲線正割

arcsch(x)逆双曲線コセカント

abs(x)モジュール

sqrt(x)

exp(x)xのべき乗

pow(a,b) — \(a^b\)

sqrt7(x) — \(\sqrt[7]{x}\)

sqrt(n,x) — \(\sqrt[n]{x}\)

log3(x) — \(\log_3\left(x\right)\)

log(a,x) — \(\log_a\left(x\right)\)

pi — \(\pi\)
alpha — \(\alpha\)
beta — \(\beta\)
sigma — \(\sigma\)
gamma — \(\gamma\)
nu — \(\nu\)
mu — \(\mu\)
phi — \(\phi\)
psi — \(\psi\)
tau — \(\tau\)
eta — \(\eta\)
rho — \(\rho\)
a123 — \(a_{123}\)
x_n — \(x_{n}\)
mu11 — \(\mu_{11}\)
このページをブックマークしてCTRL+D
ソリューションのテキストエラーの修正モード
75% 90% 100% 110% 125% 🔍
計算中..
C =
x=0, y=0
f(x) —
グラフ
\(y=f(x)\)
バリュー
\(x =\)
\(f(x) =\)
スケーリング
1:1
y
t
u
³
³√
⁴√
cos
tan
cot
log₂
log₁₀
asin
sinh
asinh
acos
cosh
acosh
atan
tanh
atanh
acot
coth
acoth
asec
sech
asech
acsc
csch
acsch
sqrt3
sqrt4
sqrt5
sqrt6
log₂
log₃
log₁₀
x
(
)
7
8
9
÷
²
=
4
5
6
×
e
π
'
1
2
3
+
sin
ln
d
.
0
^
abc
f(x)
¹²+−
=
sin
cos
tan
cot
𝜋
𝛼
𝛽
sec
csc
𝜎
𝛾
𝜈
sqrt
pow
exp
abs
𝜇
𝜙
𝜓
ln
d
,
𝜏
𝜂
𝜌
abc
f(x)
¹²+−
=
q
w
e
r
t
y
u
i
o
p
a
s
d
f
g
h
j
k
l
z
x
c
v
b
n
m
abc
f(x)
¹²+−
=